« ジョルカブ中古車 | トップページ | DT125R中古車 »

2011年11月 7日 (月)

クラシックCARニバル

古い車、良いねー。それも一般的に名車と呼ばれるようなんじゃなくて、フツーの車で、しかも中途半端に古いヤツ。

自動車としての機能や技術が大体完成されてきたけど、まだまだ電子制御なんかの小賢しい機能が盛り込まれる前のクルマ・・・。

だいたいねー、エンジンはおろかサスペンションやトラクションまでなんもかんもコントロールされちゃってさ、でもってぶつかんねーだの、車間距離保つだのってさ、エコモードなんて何ぞそれ?って感じ。

そんなんだったらロボットに運転させるかバス乗れよって。それよか飲酒運転出来ない様にするシステムはどうなったんだよ・・・・・って・・・おっと、つい熱くなっちゃいました。

とはいえクラシックCARフェスティバル。小雨の中、熱いクルマがいっぱい集まってましたねー。

510のブルーバードやフェアレディ2000、フェアレディZ、スカイラインなんかがやっぱり多いなと思ったけど、異様に綺麗なダイハツ・コンパーノ・スパイダーや’58年のコルベットなんかはちょっとヤバかった(←今風)かな。

2代目トヨペットコロナを見たときは、若くして亡くなった浮谷東次郎に思いを馳せて遠い目をしちゃたり。

でも、自分的にこの日の1番はこの発動機!

Ca3i00690001 リヤエンジンだからっつって、荷台の後ろ1/3が盛り上がってちゃバイク積めないじゃないかのスバル・サンバーの荷台で、バッスンバッスン回ってました(200rpm←推定)

なんかの作業用に動力取り出すエンジンなんだろうけど、プラグ付いてたから燃料はガソリン?水平のシリンダーの後ろ側は、シリンダーライナーもクランクシャフトもむき出し!ロッカーアームもバルブスプリングもテケテケ動くプッシュロッドもさあ見ろ!と言わんばかりのストリップ状態。ムキムキとマッチョなデカイピストン(シングル)が上下する排気量は1000cc(←やより)はあろうかの伝説のチャンピオンだぜフレディ・マーキュリー!

さらにシリンダーの上に設けられた四角い容器の中には湯気立ててるお湯が。水冷!?シリンダーフィン無いしなー。

こんなのひとつ家に欲しいです。気持ちがシオシオの時なんかにバッスンバッスン動いてるのをじっと見てると癒されるというか・・・・confident

|

« ジョルカブ中古車 | トップページ | DT125R中古車 »

コメント

昨日だったんですねぇ…。
行きそびれましたweep

このイベント、去年も雨だったなぁ。

軽トラの荷台に載ってた発動機(エンジンより、こっちの方がイメージに合ってません?)中学校の技術室に有りました。

焼き玉エンジンと違いますかね?。

投稿: ZRX99 | 2011年11月 7日 (月) 13時36分

多分小さい頃はそこら辺に普通にあったと思うけど・・・ま、そんなもんだよね!

エンジンじゃないけど、実家の製材所に馬(1馬力)が原木積んだ荷車引いて来てたのを子供心に覚えてます。田んぼでも牛(1牛力happy01)が代掻きしてたし、今考えるといい時代だったなー。

投稿: ケンタ | 2011年11月 7日 (月) 19時08分

ボクの名前の由来は東次郎から来てます(ウソ)
でも東次郎の分も頑張って走りますよ!
がむしゃらに。

投稿: イージー | 2011年11月 7日 (月) 23時59分

1500キロね!

そんでストイックに速さを求めてきた人生が『俺様の宝石』・・・。

投稿: ケンタ | 2011年11月 8日 (火) 10時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165939/53185337

この記事へのトラックバック一覧です: クラシックCARニバル:

« ジョルカブ中古車 | トップページ | DT125R中古車 »