« 吊り | トップページ | 福耳 »

2010年1月11日 (月)

国産車の軌跡

002 003

えー、まあいわゆる3連休と言うところの3日目なんですが、いっぱいお客様来てくれるかなー、と思ってるんですが、なかなか天気が怪しいのでイマイチってとこですか。

でもって昨日は、はるばる島根県は益田市の石見美術館てとこでやってる、「疾走する日本車、1960年代を主軸とする国産車の軌跡」っちゅうのを見に行ってきました。

なかなかこれだけまとめて見れる機会無いですからね。特にシルビアなんかは実車見るのは初めてだったので、継ぎ目の無いボディにウットリconfident

でも考えてみりゃ、スカイラインGTR(ハコスカ)は20年位前同級の友達が乗ってて、エンデュ-ロ出るのにトラック無いからってんで、フロントバラしたXL200かなんかを後部座席に積んできやがったりするぐらいなんかフツーにそこにあったし、ギャランGTOはいとこの会社の人が毎日乗って来てたんだけど、その頃りゃあんまし興味無かったから、「ふーん・・」て感じだったしで、今考えると「あー、惜しい事したなー」と思って後悔しても後の祭りのアフター・カーニバル。

バイクもそうだけど、売ってる時にゃ見向きもされないのに、人気無いからってんですぐ発売中止になったりするとみんな欲しがるんだけどね。だったら買っときゃいいのに、と思うでしょ?いやいやー、そうは問屋が卸さないからこういう展示会が成り立つわけですよ。

ところでこの展示車両にもあった日野コンテッサ、実は割とよく行くお客様の家の2件隣のオープンガレージに何気にあるんだよね、キレーなのが。いつもじろじろ見ちゃってます。

なんてクドクド書いてたら、3名ほどお客様が。いらっしゃいませ、ありがとうございます。

|

« 吊り | トップページ | 福耳 »

コメント

おっ!昭和の匂いがドぷんぷんしてる話題ですね。
人は手に要ら無くなった物を妙に欲しがりますね。
だからまだまだ若さを放棄せずMXで全開かましましょう!
放棄すれば昭和の如く瞬く間に思い出に埋もれて、
もう取り戻せ無い年齢ですから(´・ω・`)ノとほほ・・・

投稿: イージー | 2010年1月11日 (月) 17時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165939/47261823

この記事へのトラックバック一覧です: 国産車の軌跡:

« 吊り | トップページ | 福耳 »