« どうも馴染めない | トップページ | 顔だけは悪代官 »

2007年11月 1日 (木)

幼き日の思い出 vol.3

なんの授業か忘れちゃったけど、教室で絵の具使ってたから図工の時間だったかな。

その頃、クラスに転校して来たカワイイ女の子がいて、ワリと仲良かったんだけど、その授業の時に、緑色の絵の具を自分の席に借りに来たワケ。

もちろん、よーろこんで貸しましたよ。どうぞどうぞ。

でも、「ありがとう」と言って緑の絵の具を持って帰ろうとしたその子は、自分の席に着く前にクルッと向きを変えて、

「やっぱりいい、返す。ありがと」

・・・・?最初何の事か解んなかったけど、後で気付きました。その時の自分の絵の具は12色。女の子は48色だったんです!

緑色ったって色々です。その子は多分『エメラルドグリーン』なんかが欲しかったんじゃないかな?

もう、学校に行きたくなくなりました・・・・。

(今じゃすっかり、筋金入りのライムグリーン野郎のワタクシですが、実はその頃の悲しい思い出がトラウマになっちゃってるのかも・・・)

|

« どうも馴染めない | トップページ | 顔だけは悪代官 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165939/16942541

この記事へのトラックバック一覧です: 幼き日の思い出 vol.3:

« どうも馴染めない | トップページ | 顔だけは悪代官 »